キャビテーションとエンダモロジーの違い

 

 

即効性があることが人気のキャビテーションエステですが、痩身エステサロンではキャビテーションだけでなく、エンダモロジーもダイエット効果があるとして注目されています。
それだけでなく、エンダモロジーは全身に対してボディートリートメントを施しますので、美肌効果も得られてメリハリのある体を作ることができます。

 

それぞれの違いにはどんなものがあるのでしょうか。
またどんな時に使い分けたらいいのでしょうか。

 

エンダモロジーはフランスで生まれたエステ技術で、ローラーのついた脂肪吸引マシンです。
凝り固まった脂肪をローラーで揉みほぐすことで、脂肪細胞が燃焼しやすい状態にしていきます。

 

そのため、脂肪が固まっている部位や、頑固なセルライトの部位はエンダモロジーは痛い場合があります。
また脂肪の燃焼を促進することが目的なので、脂肪細胞を減らすキャビテーションに比べると時間がかかる場合があります。

 

一方のキャビテーションは、超音波で脂肪細胞を壊していくという技術です。
脂肪を移動させるだけとは違って、脂肪そのものがなくなるわけですから、数日経っても効果が持続して脂肪は減ったままの状態が保てます。
しかも最初の段階でその効果を実感できるので、即効性だけでなく、効果の持続性が人気になっています。

 

キャビテーションの特徴は、減らしたい箇所の脂肪をピンポイントで確実に破壊できるという点です。
そのため、頑固なセルライトや二の腕や背中など、部分痩せを希望する人にはおすすめです。
エンダモロジーのような痛みもなく、むしろリラックス効果が得られるほどじんわりとした温かさが心地よいと評判になっています。

 

心配されるリバウンドに関しても、脂肪細胞の数が減少するのでその可能性は低く、キャビテーションは脂肪にだけ働くので、それ以外の部分(皮膚や筋肉)には影響がありません。

 

もし全身痩せたい、大幅なダイエットを望んでいるという方はエンダモロジーがおすすめできますが、部分痩せを望んでいる方にはキャビテーションが効果的です

 


キャビテーション足痩せエステおすすめ